採用情報

採用情報

ホーム > 採用情報 > 社員紹介 > 横山 裕理江

社員紹介

横山 裕理江(Yurie Yokoyama)
2015年3月入社・海外アシスタンス担当

■入社のきっかけ

2014年12月にニュージーランドの大学を卒業しました。帰国後就職活動をしている中で、当社が「英語力」や「ホスピタリティ」を重要視した採用を行っていることを知り、自分の力が活かせると思って入社を決めました。

■現在の業務

現在の業務

海外旅行保険にご加入されたお客様が海外でトラブルに遭われた際の各種対応を行っています。具体的には、海外で病気やお怪我をされた場合の病院等の手配、重症の場合は日本にご帰国されるまでのサポートも行います。全世界からのお電話を24時間365日当社のオフィスで一元対応するため、私たち海外アシスタンス担当の社員は3交代のシフト制で働いています。

■夜勤について

夜勤のシフトは21時~翌朝9時半ですが、起きていなければならない訳ではなく、仮眠を取ることもできます。夜勤というと体調管理を心配される方も多いかもしれませんが、年に2回健康診断を受診できることに加え、当社には専属の医師や看護師がおり、生活リズムの整え方や、万が一体調を崩してしまった時などいつでも医療相談ができるので、安心して業務に従事することができます。

■仕事のやりがい

最初の入電時に重篤な症状で苦しまれていたお客様が、無事快復されて日本に帰国される時には大きなやりがいを感じます。ご家族の方からお礼の言葉をいただくことも多く、この仕事をやっていてよかったと思える瞬間です。時には失敗もありますが、上司や先輩が適切なフォローやアドバイスをしてくれるので、自身の成長に繋がっていると実感しています。

■業務を行う上で心掛けていること

常に相手の立場に立って対応するよう心掛けています。また、電話で顔が見えない分、声で気持ちを言葉に乗せ、お客様が自分の目の前にいらっしゃるつもりで、たとえばお礼やお詫びを申し上げる際には実際に頭を下げてお伝えするようにしています。お客様に応じた色々な話し方をマスターするべく、電話応対の上手な先輩の言い回しを自分のものにできるよう研究中です。

■休日の過ごし方

東京での生活が初めてですので、都内観光や買い物に出かけています。土日だと混む場所でも空いている平日に行けるのは、シフト勤務ならではのメリットだと思います。シフトは数ヶ月前に判明するので、同じくシフト勤務の友達との予定も立てやすいです。また当社は有休消化率が高く、年に数回長期の休暇が取れるため、来年は海外旅行を計画しています。

■会社の雰囲気

東京海上グループということもあり、入社前は堅い会社を想像していましたが、実際は服装なども自由(ビジネスカジュアル)で和やかな雰囲気です。社員一人一人は自立していて個性が強い人が多いのですが、なぜかその個性がぶつかることなくうまく調和しているように思います。同期も仲が良く、シフトが重なった時などは会社帰りに皆で食事に行ったりしています。

■今後の目標

今後の目標

まずは少しでも多くの知識と経験を積み、「この人になら任せても安心」と思っていただける担当者になることが目標です。結婚や出産をしても働きやすい環境であり、自分の頑張り次第で色々なチャンスを与えてもらえるので、将来的にはチームリーダー的な仕事や営業の仕事にも携われたらと思っています。

■就職活動中の皆様へメッセージ

就職活動がうまくいかず悩む時があるかもしれませんが、重要なのは会社との相性やご縁です。自分を認めてくれる会社、自分に合った会社が絶対にあるはずですので、諦めずに頑張ってください!

ページの先頭へ