採用情報

採用情報

ホーム > 採用情報 > 社員紹介 > 亀井 麻美

社員紹介

亀井 麻美(Asami Kamei)

亀井 麻美(Asami Kamei)
2012年4月入社・営業担当

■入社のきっかけ

英語が大好きで幼い頃からネイティブの先生に英会話を習い、高校時代には3ヶ月間オーストラリアへの交換留学を経験しました。大学は英文科に進学し、「英語を活かせる」を軸に就職活動中、当社の募集を知って入社を決めました。

■現在の業務

現在の業務

入社して約5年間、アシスタンス室で海外アシスタンス業務を担当し、2017年の1月に営業課へ異動しました。 営業課では、留学予定者を対象とした渡航前オリエンテーションの支援活動として様々な大学への訪問や、東京海上日動社からの依頼による会社見学会を開催しています。大学や企業の担当者、代理店さんに実際のオペレーションの詳細を説明する場面では、5年間の海外アシスタンス実務経験が役に立ちます。
一口にオリエンテーションや見学会といっても、心がけねばならないポイントは千差万別です。例えば企業であれば医療関連、大学であれば携行品という具合に、相手によって取り上げるトピックを変えて臨機応変に対応しています。 先日は成田空港内で海外旅行保険を販売している代理店さんを訪問して勉強会を実施しました。実際に事故が起こった際の当社サービスの流れや高額の治療費がかかるケースなどについて説明を行ったのですが、「保険商品が形になる様子が良く分かった」「今後お客様に保険をお勧めする際の参考になった」と大変好評をいただきました。
また、留学生トータルサポートサービスに関連し、留学生からの連絡内容とその対応についてお客様である大学等の担当窓口へ報告する役割も担っています。必要な情報を入手した上で適時適切な流れを組み立てるのが海外アシスタンスですが、営業課ではアシスタンス室が入手した情報を取捨選択して留学窓口等へ提供し、相手方が必要とする情報が手元に無い場合は直接提携アシスタンス会社に照会を行うこともあります。海外アシスタンスはシフト制での引き継ぎ業務である一方、営業課はワンストップ対応が求められる点も大きな違いであり、責任の重さを日々実感しています。
異動したことで唯一残念なのは、シフト勤務から平日9-17時勤務に変更となったことです。早起きが苦手なので、大好きだった夜勤に入る機会が無くなってしまったのがとても淋しいです。
ちなみに、異動が決まって真っ先にしたことは、スーツと名刺入れの購入でした(笑)

■INTACのここが好き!

海外経験のある社員が多いからか、仕事とプライベートをきちんと切り分けるさっぱりした社風がとても自分に合っていると感じます。私のように新卒で入社する社員もいれば、中途採用で入社する社員もおり、バックグラウンドはさまざまです。社内で多様な価値観に触れることができるのも、この会社の魅力の一つだと思います。

■20周年記念パーティーについて

2016年12月、当社は創立20周年を迎えました。記念パーティーでは幹事の一人として、場所の選定から余興の企画、会場設営、司会進行に至るまで、多岐にわたって運営に携わりました。 当日はINTACの社員はもちろん、OBや取引先の方々が多数出席し、大盛況のうちに幕を閉じました。
当社では大半がシフト勤務のため、一同に会することが難しくまたその機会も少ないのですが、パーティーでは日頃なかなか感じることが難しい社内の一体感や社外との繋がりを強く認識することができ、改めてINTACの一員であることに喜びを感じました。

今後の目標

■休日の過ごし方

友人とおいしいものを食べに行くことが多いです。社内では肉好きメンバーを集めて「焼肉部」を結成し、銀座界隈の焼肉店をほぼ制覇しました!
お休みを取りやすい環境で、有給休暇の取得率はほぼ100%です。年に数回は実家のある函館に帰省しています。

■今後の目標

当社では業務の拡大に伴って多くの新人が入社しています。「あの人に聞けば何でも分かる」と思ってもらえるような、後輩から信頼される社員になることが当面の目標です。
ゆくゆくは海外アシスタンス業務に戻り、営業の経験をお客様への対応に生かしていきたいと思います。後輩の指導や育成等にも携わり、「女性の活躍」を先頭切って推進していく所存です!

ページの先頭へ