TOP 事例紹介

- 事例紹介 -

INTACがこれまでに対応を行った
事例の一部をご紹介。

CASE 01

海外アシスタンス
(アウトバウンド)

ビーチで倒れた

ハワイのビーチでお客様が倒れ、救急車で病院に搬送。検査の結果、脳動脈瘤破裂と診断され、入院翌日に手術を受けた。INTACでは手術費用など医療費のキャッシュレス手配を行うと同時に、医療情報を入手して医学的に安全な帰国方法を確認。その結果、医療専用機(チャーター機)の使用、帰国後の入院が推奨されたため、日本の医療機関に受入可能日時を確認し、医療専用機や付添医療職、民間救急車の手配を行い、日本の医療機関に搬送した。

CASE 02

海外アシスタンス
(アウトバウンド)

ツアー旅行中に転倒して骨折

イタリア旅行中のお客様が石畳で躓き転倒。添乗員が救急車を手配し病院を受診したところ左手首骨折との診断。INTACで同行の添乗員にその後のツアー行程を確認したところ、ツアー参加者はこれから他の都市へ移動するため、お客様は行程から離脱されることが判明。医療費のキャッシュレス手配や、受診後のホテル手配を行いつつ、医療情報を入手してツアーに合流できるか確認した結果、怪我をした日から2日後であれば医学的にも問題ないとの見解が確認出来たため、お客様がツアーに戻るための車を手配し、添乗員と情報を共有しながら合流できるまでフォローを行った。

CASE 03

海外アシスタンス
(アウトバウンド)

滞在先近くの病院紹介を希望

タイ旅行中のお客様より、体調不良で受診希望とのご連絡をいただく。INTACにて契約内容と症状の詳細を確認し、海外旅行保険で補償されると判断。滞在先のホテルをお伺いし、ホテルの近くにある日本語で受診可能な医療機関をご案内、キャッシュレス受診ができるよう手配した。受診の翌日にお客様へご容態を伺ったところ、快方に向かっていることが確認できた。

CASE 04

国内アシスタンス
(インバウンド)

富士登山中に遭難し死亡

富士登山中に遭難し死亡。海外アシスタンス会社からの連絡に基づき、INTACから富士山麓の警察署に連絡し故人が収容されていることを確認の上、国際霊柩搬送業者へ対応を依頼。故人の引き取りやご遺体のケアを進めると同時に、母国の駐日大使館とも連携しながら、母国送還へ向けた準備を開始。各種書類の取付や航空便を手配し、母国葬儀社に到着するまでの手配を行った。

CASE 05

国内アシスタンス
(インバウンド)

北海道でスキー中に転倒

北海道でスキー中に転倒し、スキー場最寄りの病院に入院したと、海外アシスタンス会社からメールで連絡あり。診断書を入手したところ、左足骨折で手術が必要との見解。海外アシスタンス会社に病院の診断書を翻訳して転送し、補償可能である旨の回答を得た上で、病院に支払保証書を送付。1週間の入院の後、新千歳空港までの福祉車両および母国までの航空券手配を行った。

CASE 06

留学生トータル
サポートサービス

留学先で倒れた

中国で短期留学生がスポーツ中にめまいと吐き気を訴え、救急車で病院に搬送されたと日本の学校関係者よりご連絡を受けた。INTACでは海外旅行保険の契約内容を確認し、医療費のキャッシュレス手配、医療通訳者の派遣を速やかに実施。また、留学生の両親の現地入りに合わせて空港送迎車やホテルを手配した。その後10日間の入院を経て、帰国便への搭乗が医学的に問題ないことが確認できたため、日本への医療搬送を手配。初報から日本のご自宅に戻るまで、治療経過や各種手配状況などを日本の学校関係者と共有した。

CASE 07

留学生トータル
サポートサービス

貴重品を盗まれた

イギリスへの留学生が欧州旅行中に財布・クレジットカード・パスポートなどが入ったバッグの盗難被害に遭った。学校関係者からのご連絡を受けたINTACは、すぐに留学生に連絡してクレジットカードの停止手続きを行うようにアドバイスし、カード会社の連絡先を案内した。続いて、パスポート再発給のため、領事館への連絡をサポート。その後も継続的にご本人と連絡を取り、イギリスへ戻るまでお手伝いした。初報からイギリスへ戻るまで、ご本人の状況や対応結果などを日本の学校関係者と共有した。

CASE 08

海外危機管理トータル
サポートサービス

出張先で倒れた

出張先の中国で急に気分が悪くなり倒れ、救急車で病院へ搬送された。大動脈解離と診断され、手術代を含む医療費が海外旅行保険の上限額を大幅に超過することが判明。企業担当者からのご連絡を受けたINTACは海外旅行保険の上限額を超えた医療費の支払手続きを行ったうえで、ご容態を継続的に確認。定期的に医療情報を入手し、入院から約1ヶ月後にはご容態が安定し帰国便への搭乗が医学的に問題ないと確認できたため、医師と看護師の付添のもと日本の医療機関への移送を手配。初報から日本の医療機関到着までの間、治療経過や各種手配状況などを企業担当者と共有した。

CASE 09

海外危機管理トータル
サポートサービス

持病の治療が必要になった

海外駐在員としてネパールに滞在中、風邪をひいて受診した結果、持病の心臓疾患に対する治療が必要と判断され、そのまま入院することになった。INTACから企業担当者にご連絡したところ、海外旅行保険では補償されない持病の医療費についてもキャッシュレス手配をご希望されるとのこと。キャッシュレス手配を行い、退院後は通常業務に復帰して問題ないことを医療情報から確認。初報から退院までの間、治療経過や各種手配状況などを企業担当者と共有した。

INTACの仕事内容を
確認する

Read More

OTHER CONTENT