TOP 女性座談会

女性座談会

Girls Talk

多様な働き方を享受する職場づくりに注力しているINTACでは、
現場の一線で活躍する女性社員が増加中。
女性の皆さんにもっと当社の職場を知ってほしいという思いから、女性社員3名に語ってもらいました。

  • Q.INTACの上司・先輩社員に対する
    率直な印象は?

    生田私はとにかく皆さん親切だと思いました。まだ入社1年目なので、知識量もお客様対応の経験も半人前です。毎日わからないことを質問してばかりですが、どの先輩も「聞きづらい」と思うような壁がまったくありません。お客様に迷惑をかけそうになってしまった時にも、マメにカバーしてくれるのでとても心強いです。むしろ相談しやすくて甘えそうになる自分をセーブしているほどです。

    立林私も同感です。私は前職が教師で、自分対学生という関係性の中で、人からアドバイスをもらえる環境にはありませんでした。それだけに、なおさらINTACの先輩の面倒見の良さを感じました。入社当初から先輩には「一人で暴走しないように」と言われていました。また、私は教師の時には同僚の仕事を見ることができなかったので、先輩をお手本にできることも魅力です。とにかく後輩と先輩のつながりが密だと思います。

    木村すぐに相談できるという意味では、管理職の方々も私たちと机を並べているので、すごく距離感が近いですよね。前にいた会社は社員の数が多く、人間関係も何となく希薄だったので質問しづらかったのですが、今はそんなことはありません。

    生田新卒入社の私からすると、全社的に中途入社の社員が多く、いろいろなバックグラウンドを持っていることが「しっかりと新入社員をサポートしよう」というコミュニケーションにつながっているのではないかと。

    立林それにアシスタンスサービスという仕事柄もあって、困っている人がいたら自然と手を差し伸べるようなタイプの人が揃っているのかもしれませんね。

    木村なるほど、それは確かにそうですね。とにかく困っていることをぶつけても、嫌がる人は一人もいませんし。3人ともほぼ同じ意見のようですね。

  • Q.INTACはどんなカルチャーの
    会社だと思いますか?

    生田ひと言で表現すると、良い意味で「あっさり」ですね(笑)。仕事においても人間関係においても、オンとオフがはっきりとしている印象があります。お互いを人として尊重しあっているので、一人ひとりが自分の時間を持ちながらも、決して疎外感はないという心地よい距離感ができているのだと思います。女性ならわかると思うのですが、女性ばかりで固まっていて息苦しい感じとか、ギスギスした感じとかあるじゃないですか。INTACはまったくそういうところがないですね。お昼ごはんもバラバラです。

    立林仕事に集中した後は、思いっきり余暇を楽しむ感じですよね。私たちの仕事って、責任が大きいものの、シフト制であるため自分の仕事の範囲(始まりと終わり)がはっきりしていると思います。教師時代には授業の準備をしているか、授業しているかで、満足にオフも取れない環境でした。でも今では「3日働いて2日休んで」みたいに、プライベートの時間をたくさん取れるようになっています。

    木村多様性を尊重する職場なので、自分らしさを前面に出して仕事ができますね。仕事って、与えられた業務を延々とこなしていると「こうすればいいのに」みたいなストレスが溜まってくると思うのです。INTACは自分から仕事の仕方を提案できるので、常に納得しながら仕事ができています。それとINTACは旧態依然とした日系企業の堅苦しさがなく、若手社員の意見に対しても寛容です。

    立林「これを言ったら叱られるかな…」みたいな心配がないので、何でも思ったことをぶつけやすいですよね。

    木村私が以前にいた会社では、先輩・上司との関り方ひとつをとっても厳しい習わしがあり、質問する際にもいちいちビクビクしていました。INTACに入ったらそういう心配がなくなったので、メンタル的にも楽になりましたよ。

  • Q.女性の働き方という観点では、
    どんな職場ですか?

    木村以前は結婚・出産を機に退職してしまう女性が多かったように思います。でも近年は産休・育休の取得者が増えていることもあって、女性の定着率が高まっていますよね。それに伴って、勤務シフトや休暇取得など、女性目線での相談もしやすくなっているのではないでしょうか。

    生田やっぱり、まわりに出産・復帰している女性を見ると、仕事を続けやすい環境なのかなって思います。出産後は「日中まで」「電話応対のみ」のように時間や担当業務を上司と相談のうえ柔軟に変更できるところも、仕事と家庭を両立するサポートとして魅力ではないかと。体力を使う仕事ではないので、何歳になっても続けられるのがいいと思います。

    立林会社には、女性が働きやすい環境をつくろうとしている姿勢を感じています。また、いま組織が成長過程にあるので、今後新しいポスト・業務が増えて、様々な生活背景の人でも活躍できる「多様な働き方」が生まれたらいいなという期待感はありますね。例えば、家族を持っていたりすると、夜勤って大変なところもあると思います。その一方で、あえて夜勤の方が生活背景にマッチしている人がいるかもしれない。そういう多様性が生まれるといいですよね。

    木村男性社会の職場だと、女性が意見を言いづらいことってあると思います。その点INTACは性別に関係なく、思ったことは何でも遠慮なく発信できますよね。私は主体的に意見を発信しながら、積極的に業務の見直しを図っていきたいです。それが女性にとっての働きやすさにつながれば尚良いのではないかと。

    立林そうですね、私たちもどんどん前に出て行って、これから入社する人たちとより良いINTACをつくっていきたいですね。

Q.
最後に今後の目標を
教えてください!

生 田

アメリカのサービス提供会社との関係づくりなど、アシスタンスサービスに+αの価値を付け足す取組みにもチャレンジしていきたいですね。そういうチャンスがあればぜひ手を挙げたいと思っています。

立 林

前職は教師だったので、せっかくなら経験を活かして新人育成にも携わってみたいですね。自分が新人時代に困ったことを新人向けのマニュアルに活かせたらいいと思っています。初心を忘れることなく、これから仲間になる後輩の皆さんと向き合っていきます。

木 村

現場で働いていると、まだまだ非効率で改善の余地があると感じることがたくさんあります。働きやすい環境は会社に与えてもらうだけでなく、自分たちでつくる努力もしていきたいと思っています。

OTHER CONTENT